遺品整理の基礎知識

遺品整理の中で特殊清掃を依頼しなければならないケースとは?

特殊な死亡例の場合は特殊清掃が必要です。
例えば次のような場合ですね。
 
・自殺されて発見されるまで時間がかかっている場合
・血縁者と離れた場所で孤独死された場合

 
誰にも気付かれることなく、長期間死亡したままの状態になっていると室内に死臭が篭もっています。立入ができない惨状の場合もあるのです。
 
廃棄物に囲まれているゴミ屋敷の場合もあるでしょう。
ゴミや害虫の発生があれば、素人が簡単に片付けなんてできません。遺体が運び出されたあとの部屋の掃除や消毒・消臭などをします。
独自の道具と技術で原状回復してくれます。
 
特殊清掃は一般的にハウスクリーニングとどこが違うのでしょうか?
 
事件に巻き込まれたり、自殺や突然死など不測の事態が起きたら、故人のお住まいは見るも堪えない状態になっている可能性があります。
独特の匂いやシミなどの除去もしなければなりません。
場合によっては害虫の駆除をする必要もあるでしょう。オゾン脱臭などの技術で綺麗に掃除してくれるのです。
 
こういったことは通常のハウスクリーニング業者では対応できないのです。
水廻りの掃除やクロスの張り替えだけでは原状回復できません。
死亡したあとの特別な臭いや汚れは、専門の知識を持っている遺品整理業者に依頼するしか手立てがありません。
 
病死や事故死など原因がはっきりしない死亡例は、事件性も考えられますから、すぐに警察に届けましょう。
清掃することで証拠隠滅の疑いをかけられるかもしれないからです。